NEWS

  • 地域

西シ銀保証付の私募債1億円を発行  タグチ工業    初の社債、期間は5年


 土木建築機材製造販売業のタグチ工業株式会社(福岡市博多区古門戸町、田口一生社長)は、7月17日に西日本シティ銀行保証付き私募債1億円を発行した。
 これは長期の資金調達が可能となり、社内外に対して財務内容の健全性などをアピールできるなどのメリットがあることから発行したもの。社債発行は初めてで、期間は5年。同社は1948年(昭和23)年創業、68年2月設立。資本金8000万円、従業員数27人。創業以来、土木工事における新技術開発をモットーに土木工事向け「タグチ式立坑やぐら」、「工事用インクライン設備」などを開発。2000年にはトンネル工事における革新的なシステムとなった「カーブ対応Uターン連続ベルトコンベアシステム」を開発。同システムは、トンネル工事における坑内環境改善、安全性確保を可能とし、日本各地の大規模トンネル工事で利用されている。