NEWS

  • 地域

製造・オフィス向けの移動ロボット開発  安川電機    初年度100台販売目指す


 株式会社安川電機(北九州市八幡西区黒崎城石、利島康司社長)は、製造業・非製造業を問わない搬送用途の移動ロボットを開発した。12月10日から受注をスタートさせる。
 これまでの同社の産業用ロボットは溶接、塗装、組立といった生産ライン上の各工程に設置・固定され、送られてくる加工対象に対して作業を進めている。今回の移動ロボットで、生産ラインに点在するロボットを“線”で結び、ラインを同社ロボットで統一するなど自動化の範囲拡大が可能になる。また、各ロボット間のシステム簡素化、対応窓口一元化などにより顧客固有の生産ライン構築に柔軟に対応していく考え。商品名は「ロボポータ」。移動軌道を規定するガイドテープ(道しるべのための床面に施設する磁気テープなど)を必要とせず、ロボット本体に記憶された軌道データと各センサーでの空間認知で軌道上を移動する。これにより多岐にわたる軌道設定が容易になる。主には組立工場でのセル内部品の供給や物流倉庫での物品仕分け、オフィスビルでの社内便配送などを用途にする。価格はロボット本体、充電器、運行管理ソフトなど含む1セットで630万円。2010年度で年間100台、11年度以降で年間300台の販売を見込む。