NEWS

  • 地域

衣料品低迷で経常赤字  岩田屋    今期は4%減収見込む


 三越伊勢丹グループ傘下の株式会社岩田屋(福岡市中央区天神2丁目)の2010年3月期単体決算は、売上高が913億74百万円で前期比7・8%減、経常損益は57百万円の赤字(前期は百万円の黒字)だった。
 本店の衣料品全体で同9・3%減となるなど衣料品の不調が売り上げ、利益の両面に影響した。営業利益は87百万円で同62・2%減、当期純損益は12億3千万円の赤字(前期は3億34百万円の赤字)だった。本店売上高は同8%減、久留米店は同5・6%減だった。その中で、久留米店の食料品は前年を上回った。入店客数は本店で同6・1%減だった。同社担当者は「下期で押し上げたが、衣料品の落ち込みが大きかった」としている。今期は売上高で前期比4%減の877億57百万円、経常損益は11億6千万円の赤字を見込む。