NEWS

  • 地域

行橋市道場寺に訪問入浴センター  麻生介護サービス    106事業所目


 訪問介護および居宅介護支援事業、福祉用具レンタル事業の麻生介護サービス株式会社(福岡市博多区博多駅前3丁目、新開昌伸社長)は、11月2日、行橋市道場寺に訪問入浴介護事業所「アップルハート京築訪問入浴センター」を開設した。訪問介護事業所の開設は10事業所目、介護保険事業所では通算106事業所目。
 行橋地区を対象とした訪問入浴サービスは、これまで同社事業所「筑豊訪問入浴センター」(直方市)が担当してきたが、同センターの利用者数が130人規模まで増加したことから、行橋エリアに新事業所を開設することで同エリアを中心とした新たな利用者数の確保および業務拡大を図るのが狙い。場所は国道10号沿い、稲童漁港入口交差点近く。敷地面積は883・96平方m、建築面積は199・86平方m、2階建てで延べ床面積は250・23平方m。1階には事務室、相談室、2階は訪問介護事業所「アップルハートゆくはしケアセンター」となる。今年9月、介護保険事業者指定申請を行い、同11月1日に認可を取得。開設当初は訪問入浴車1台を導入し、利用者20人の訪問入浴サービスを実施する計画。スタッフは原田沙智管理者を含む4人体制でスタートする。同社では「看護師1人、介護職員2人の3人一組でお客様のあらゆるニーズに応じたサービスを展開し、今後、中津、大分方面に訪問入浴サービスを拡大していきたい」と話している。
 同社は2007年8月に設立。資本金は1億円、従業員数は1112人(09年6月現在)。09年10月現在の利用者数は6159人(同9月現在)。