NEWS

    行橋市大橋3丁目に図書館などの複合施設 行橋市


    4月1日

    行橋市(田中純市長)は4月1日、行橋市大橋3丁目に建設していた図書館などの複合施設「リブリオ行橋」をオープンする。
    2017年にPFI法により事業者を募集し、同12月、鹿島建設㈱、NECキャピタルソリューション㈱、㈱図書館流通センター、㈱共栄ビル・パートナーズ、㈱三上建築事務所による特別目的会社・行橋イノベーション㈱と契約。18年1月に事業に着手し、19年12月に完成した。設計や建設、指定管理料(15年)を含む総事業費は約50億。敷地面積は3304㎡。4階建てで延べ床面積は4963㎡。
    施設は、1階が「けやきホール」やプレイルーム、交流フロア、2階から4階が図書館で構成。また、2階には一時預かり保育施設、3階にはスタジオ、4階には学習室なども備えている。リブリオの名称は、図書館の「Library(英語)」、図書館のそばを流れる川の「rio(スペイン語)」との造語。

    2020年2月4日発行