NEWS

  • 地域

行橋市吉国―苅田町二崎間4・2キロは3月9日開通へ  国道210号バイパス    東九州道行橋IC開通に伴い


 北九州国道事務所が行橋市吉国から苅田町二崎間で整備中の国道210号バイパス(行橋IC関連)は3月9日、開通する。
 総延長は4・2キロ。現在の国道210号終点部に位置し、国道10号と連絡する設計速度80キロのバイパス道路として2000年度に事業着手していた。今年度内に東九州自動車道苅田北九州空港インター(IC)―行橋IC間8・6キロ間の開通に合わせ、暫定2車線で供用を開始する。今回の供用開始に伴い、東九州道行橋インターへのスムーズな乗り入れや整備区間に近い現道で慢性化していた約1キロの交通渋滞緩和が期待されるほか、セメントや自動車関連工場が集積している飯塚、田川方面から北九州空港、苅田港へのアクセス改善が期待されている。同事務所によると、田川市役所から苅田港までの所要時間は現行46分から40分に短縮される。