NEWS

    薬院周辺のビジネスマン集めた朝活開始 明治産業


    月1回、「アート」をテーマに

    LPガス供給やリノベーション、不動産管理を手掛ける㈱明治産業(福岡市薬院1丁目、明永喜年社長)は4月24日から薬院周辺で働くビジネスマンを集めた朝の活動を開始した。
    出勤前の1時間を活用した「One Morning One Art(ワンモーニング・ワンアート)」と題し、「アート」をテーマに同本社会議室で講座を開く。同社が4月1日から協賛しているLOVE FM「明治産業presents our culture,our view」の番組趣旨に合わせた内容で展開し、日々の生活の中で文化やアートを語り合い、地域にアートのあるライフスタイルを定着させていくことが目的。毎回、同テーマに合わせた講師を招き、時間は1時間程度。午前7時30分から。定員40人で予約優先。参加費無料。開催日程は、同社ホームページやSNSで随時発表する。
    第1回は福岡市「まちなかアートギャラリー福岡」ディレクターや「はかた伝統工芸館」主任など歴任し、現在はアジア映画の商談会「ネオシネマップ福岡」を担当するラブエフエム国際放送の三好剛平氏を招いた。同社では「ビジネスマンの朝のひとときを学び、発見する時間にし、また、アートに触れるきっかけをつくることで新たな楽しみ方を知っていただきたい」と話している。

    2018年5月8日発行