NEWS

  • 地域

茶漬けシリーズ新商品2種を開発  ジャパンシーフーズ    今秋発売へ


 量販店向け鮮魚加工卸業の株式会社ジャパンシーフーズ(福岡市東区箱崎ふ頭2丁目、井上幸一社長)は、今秋の発売に向けて茶漬けの素シリーズの新商品2種を開発している。
 昨年9月に、生アジをゼラチン状の出汁で包んだポーション型の茶漬けの素「あじ茶漬け」を、初めての消費者向け商品として発売していた。売れ行きが好調だったことからシリーズ化し、「ひつまぶし」や「ごまさば茶漬け」を視野にバリエーション拡大を図って開発している。「あじ茶漬け」は、同社独自の方法で魚皮から抽出したマリンコラーゲンを使用し、出汁をゼラチン状に固めている。ご飯の上に乗せた商品に、湯を注ぐとゼラチンが溶け出し、生アジが現れるもの。井上社長は「安全安心なマリンコラーゲンを使用しているほか、新鮮な魚の茶漬けが手軽に食べられる」と話している。