NEWS

  • 地域

若い主婦層意識したオリジナル住宅を発売  セキスイハイム九州    坪単価52万円から


 ハウスメーカーのセキスイハイム九州株式会社(福岡市中央区高砂2丁目、村上和正社長)は、11月22日、九州オリジナルの新商品「ラ・ベルデ」を発売した。
 ラ・ベルデは、坪(3・3平方m)単価52~56万円、標準は2階建て、延べ床面積33坪(108・9平方m)から40坪(132平方m)ほどで、価格は2000万円前後と同社としては最も低価格帯の商品。住宅購入歴のない「ファーストバイヤー」がターゲットで、全室床暖房の「ウォームファクトリー」を標準装備するほか、乳幼児の世話をしながら家事ができるよう、キッチンから見えるところにこどもが遊んだり、勉強したりするスペースを設けるなど、特に若い主婦層を意識した仕様を施している。販売目標は3月までの年度内で30棟、次年度は60~70棟を目指すという。
 同社は05年7月設立、資本金は3億円、従業員数は873人、08年3月期連結売上高は472億円で、今期は9%増の515億円を見込んでいる。村上社長は1951年6月6日生まれの57歳、兵庫県尼崎市出身、甲南大学経済学部卒業、75年積水化学工業株式会社入社、97年九州住宅支店企画室長、2000年福岡セキスイハイム株式会社専務、02年同社社長、05年セキスイハイム九州株式会社専務、06年10月から同社社長を務めている。趣味は海外旅行・スキューバダイビング。