NEWS

  • 地域

自社印刷の新型iPhoneケース  MSソリューションズ    多品種少量に対応


 スマートフォン、タブレットアクセサリー企画製造販売の MSソリューションズ(福岡市博多区祇園町、塩川正明社長)は9月9日、自社で印刷した新型iPhoneのケースを発売した。
 これまで委託工場で生産していたが専用印刷機を導入し、多品種少量に対応できる体制を整えた。販売するのは自社ブランド「LEPLS」(ルプラス)の一部商品で、商品名は「Design+」(デザインプラス)。40種類のデザインを展開しており、価格は1980円(税込み)。また、同社はケースとフィルムのフレーム柄、液晶画面をセットにし統一感を出す点で特許を申請しており、ケースのデザインと同じデザインを印刷した全面保護のガラスフィルムも同時発売した。価格は2690円(税込み)。
 同社は2008年2月設立。資本金9740万円。従業員約80人。スマートフォン、タブレットアクセサリーに加え、イヤフォンやオーディオ機器、電動二輪ボードなども展開している。17年2月期の売上高は40億円の見込み。