NEWS

  • 地域

美容ドリンクで薬局向け卸事業スタート  新日本製薬    今後、OTC医薬品投入も


 医薬品や健康食品、化粧品通販の新日本製薬株式会社(福岡市中央区赤坂1丁目、後藤孝洋社長)は10月1日から、薬局向けの卸事業を開始した。
 これまで通販と主要都市での直販店展開を手掛けてきたが、卸事業は初めて。販路拡大とブランド浸透を狙う。
 第1弾の商品は美容ドリンクの「美WhitePro(ホワイトプロ)」。強い紫外線が降り注ぐ南アフリカのカラハリ砂漠で育った抗酸化力の強い「カラハリスイカ」を主成分に、フィッシュコラーゲンなど20種類の美容成分を配合した。カラハリスイカを配合した健康食品は同品が国内で初めてという。今回、同社が健康食品通販で培ったノウハウをもとに美容ドリンクを商品化したが、今後は鎮痛剤や風邪薬などOTC医薬品を随時投入していく考え。現在、北部九州を中心に卸し先を開拓中で、まずは年商で1億円を目指す。OTC医薬品は薬局やドラッグストアで販売されている一般用医薬品。