NEWS

  • 地域

総額30億円の農業ファンド設立  福岡銀行    九州内で初


 株式会社福岡銀行(福岡市中央区天神2丁目、柴戸隆成頭取)は、農業法人に出資する農業ファンド「FFG農業法人成長支援投資事業有限責任組合」を設立する。
 同ファンドの特徴は、農業法人に直接出資できる点。これまで六次化事業体に出資するファンドの事例はあったが、農業法人に直接出資するファンドは九州内で初。同行では同時に、農林漁業者が主体となった六次化事業体に出資するファンド「FFG農林漁業成長産業化支援投資事業有限責任組合」も設立し、生産者への支援を含めて、加工、流通まですべてを支援できる体制を整える。
 農業法人へのファンドは総額10億円。福岡銀行が5億円、日本金融公庫と福岡キャピタルパートナーズ(福岡市、山川正翁社長)が残りの5億円を出資する。1件当たり最大1億円まで出資が可能。農林漁業者が主体となった六次化事業体へのファンドは総額20億円。福岡銀行と福岡キャピタルパートナーズが10億円、農林漁業成長産業化支援機構が残りの10億円を出資する。2ファンドの総額は30億円となる。同行では「2つのファンドを両輪に、農林水産業全体の成長産業化に向けたサポートを強化していきたい」と話している。