NEWS

  • 地域

経常利益20億6800万円と微減ながら増収  北九州銀行    今期は増収減益見込む


 株式会社北九州銀行(北九州市小倉北区堺町1丁目、加藤敏雄頭取)の2014年3月期決算は、経常収益が前年同期比0・2%増の128億700万円、経常利益が0・6%減の20億6800万円の増収減益だった。当期純利益は3・9%減の11億7000万円。
 受入為替手数料などの役務取引等収益や外国為替売買益が増加し増収。利益面では役務取引等などの経常費用が増加したことが減益につながった。単体自己資本比率は12・10%。同行では「今期も財務体質や収益力の強化、資金供給の一層の円滑化や金融サービスの充実を図りたい」と話している。
 今期は経常収益が前期比5・4%増の135億円、経常利益が3・3%減の20億円の増収減益を見込んでいる。