NEWS

  • 地域

経営企画室を新設  ダリア    中期計画に向けて


 美容商材総合卸の老舗株式会社ダリア(福岡市博多区博多駅南4丁目、高木進一社長)は9月1日、本社内に経営企画室を新設した。
 今期スタートする新中期計画の策定と実行に伴うもので、社長直属部署をつくり、これまでのトップダウンからボトムアップ方式に切り替える。人員は高木社長が選抜した5人で、人・もの・金・情報の観点から人材採用と育成、商品販売、美容サロン経営支援、IT活用などを再構築していく。10月7日の経営発表会で全社員に発表し、同室はその後も全体統括として動いていく。高木社長は「私自身の考えだけでは限界がある。これからは若い力と新たな発想を取り入れていき、さらに優秀な社員が評価される仕組みをつくっていく」と話している。
 同社は1946年創業、資本金7500万円、2014年8月期売上高は155億円を見込む。従業員約300人。高木社長は1969年4月25日生まれの45歳、帝京大学経済学部卒、趣味はゴルフ。