NEWS

  • 地域

経営ノウハウ指導スクールを開始  ビザイン     年内をめどに


 個人事業主や零細企業を対象に経営コンサルティングを手掛ける株式会社ビザイン(福岡市中央区舞鶴3丁目、早嶋聡史社長)は年内をめどに、経営者向けに経営ノウハウを指導する「経営者脳養成ギブス(仮称)」を開始する。
 受講者が自身で経営戦略を立案、実行することを最終目標としており、経営ノウハウの指導などスクール形式で展開する。社長や経営戦略の担当者など2~3人で本社事務所に来校してもらい、自社の抱える課題を題材とし、経営理論などをもとに今後の戦略立案・解決を目指す。対象は個人事業主や零細企業などで、30代後半までの若手経営者を想定。期間や来校ペースは顧客の要望に応じて決定する。価格は大手コンサルティング会社などより低価格に設定する計画。今後福岡での状況を見ながら、東京での開校も検討していく。講師は早嶋社長と、松原良太取締役パートナーが務める。早嶋社長は「セミナーやビジネス書など経営戦略の情報は溢れているが、実際に自社の問題とリンクしていないと実践に移すのは難しいもの。自社の問題を課題として取り組む実践的な経営者育成アカデミーとして、経営的視点を身につけていただけたら」と話している。
 同社は2007年9月設立。資本金103万円。従業員数2人。売上高非公開。早嶋社長は長崎市出身。1977年9月18日生まれの32歳。九州工業大学情報工学部卒。卒業後横河電機株式会社に入社。在職中オーストラリアボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)終了。経営コンサルティングを手掛ける株式会社ビズ・ナビ&カンパニー(福岡市中央区舞鶴3丁目、長田周三代表取締役CEO)の取締役CMOも務める。趣味はヨット、トレイルランニング。