NEWS

    糸島市井原のメガソーラーが稼働 東京のいちご


    パネル出力は約1・48kW

    アセットマネジメント、不動産、クリーンエネルギー事業などのいちご㈱(東京都千代田区内幸町1丁目、長谷川拓磨社長)は1月7日、いちご糸島井原ECO発電所(糸島市井原)の発電を開始した。
    場所は福岡雷山ゴルフ倶楽部西側の養豚場跡地。利用面積は5万8743㎡で、パネル出力約1・48kW、パネルは4720枚。年間予測発電量は一般家庭約450世帯の年間消費電力に相当する約164万7000キロワット時を見込む。
    同社では「持続可能な社会形成への貢献を標榜し、地域および地球に優しいクリーンエネルギー事業を積極的に推進していく」と話している。
    同社は2000年3月設立。資本金268億400万円。18年2月期売上高は578億4600万円。

    2019年1月16日発行