NEWS

  • 地域

糟屋郡篠栗町に牛丼店  東京都の吉野家    県内33店舗目


 牛丼チェーンを展開する株式会社吉野家(東京都新宿区新宿4丁目、出射孝次郎社長)は、12月11日、粕屋郡篠栗町に新店舗をオープンした。福岡県内で33店舗目。
 場所は、国道201号粕屋警察署北西、和田橋交差点そば。店名は「吉野家 201号線篠栗店」。店舗面積は99・15平方mで、隣接する同日オープンの「筑豊ラーメン山小屋 篠栗店」と40台分の駐車場を共有する。客席数は40席で、店舗はカウンターとテーブルで構成。既存のカウンターのみの店舗と違いテーブル席も完備することで、女性客・ファミリー層の獲得も目指す。24時間営業、年中無休で、スタッフ数は20人。メニューは牛丼・豚丼・カレーなどの他に、定食やお子様セットなどを取り揃える。客単価は470円を見込み、月間売上高は800万円を目指す。同社では「女性客やファミリー層もご利用いただきやすいよう、テーブル席も設置した新しいタイプの店舗でのオープンとなる。店舗スタイルは変わるが、既存店舗と同様においしい商品と元気な接客サービスを提供していく」と話している。
 同社は2007年10月1日設立、資本金2億円、従業員数1202人。全国で「吉野家」を1118店舗展開している。