NEWS

  • 地域

糟屋郡宇美町に社内FCの整骨院  メディカルネットサービス    初の郊外大型店


 整骨院などを展開するメディカルネットサービス株式会社(北九州市小倉北区魚町3丁目、水嶋昭彦社長)は8月11日、糟屋郡宇美町宇美東1丁目に社内FCの整骨院「大きな森の整骨院」を開院した。全国65院目、FC11院目。
 場所は県道35号沿い旧JA糟屋東跡地で、敷地面積は約11百平方m、駐車台数は13台。店舗面積は1階が236平方m、2階が90平方mの計326平方mで、1階は整骨院と鍼灸院のほか、ヘッドマッサージやゲルマニウム温浴などのサービスも提供する。2階にはスクール事業を展開するセミナールームを設けている。ベット数は整骨院8台、鍼灸エステが2台の計6台。従業員数は柔道整復師2人、鍼灸師1人、整体師1人、受付1人の5人。診療時間は午前が平日土曜日ともに午前8時30分から午後12時30分まで、午後は平日が午後2時から同7時まで、土曜日が午後2時から同5時までで、休診日は日曜祝日。
 また10月からは2階のセミナールームで、国の緊急人材育成支援基金による基金訓練としてフェイスケアやボディケアなど美容に関する講義を半年実施する。水嶋社長は「現在社内体制を整えており、社内FCは独立支援の一環でもある。郊外型の大型院は初の試みで、地域の“健康のオピニオンリーダー”を目指し、治療以外の面でも患者さんをサポートしていきたい」と話している。