NEWS

  • 地域

筑紫野市に生活支援サービスの2号店  西日本鉄道    3月4日、西鉄二日市駅そばに


 西日本鉄道株式会社(福岡市中央区天神1丁目、倉富純男社長)は3月4日、筑紫野市二日市北2丁目にハウスクリーニングや水廻りメンテナンスなどさまざまな家庭内労働を提供する生活支援サービス事業として展開する「ベンリーにしてつ」の2号店をオープンする。
 同社は昨年、便利屋「ベンリー」を全国展開する株式会社ベンリーコーポレーション(愛知県清洲市、前田満定社長)とフランチャイズ契約を締結。同5月に福岡市南区に1号店「ベンリーにしてつ大橋店」をオープンし、サービス開始後10カ月間で累計約660件のサービス(作業)実績を挙げていた。2号店の「ベンリーにしてつ二日市店」は、西鉄天神大牟田線「西鉄二日市駅」から徒歩1分の場所に立地。店舗面積は約83平方m。大橋店でサービスを展開する福岡市に比べて高齢化率の高い筑紫野市や太宰府市など福岡都市圏南部地域を中心に展開・拡大していく。
 基本料金(税抜)は作業員1人あたり1時間3000円~+出張経費3000円~で、平日、日祝日とも料金は同じ。特殊機材使用の作業や汚れ具合などによって別途料金が発生する場合がある。オープン日からオープン記念キャンペーンを実施し、エアコンクリーニング(通常1万3000円~)やレンジフードクリーニング(通常1万2000円~」など4種のサービスを先着100人に約50%引きで提供する。同社では「日ごろから西鉄電車・バスを利用する方をはじめ、沿線に住む方へのサービス提供で“選ばれる沿線づくり”を目指していく」と話している。