NEWS

  • 地域

第2グラウンドに自動車実習場を建て替え  希望が丘高校    総工費1億5000万円、来年3月完成


 学校法人九州電機工業学園希望が丘高等学校(中間市土手ノ内3丁目、鈴木治校長)は、総工費1億5000万円をかけ同校敷地内に全天候型の自動車実習場を建設している。完成は来年3月15日。
 現実習場が手狭なため、提携先のおんが自動車学校で行っていたフォークリフト実習を校内で実施できるよう建て替えているもの。場所は同校敷地内、東棟校舎東側の第2グラウンド。建物は平屋建てで延べ床面積は約1139平方m。実習場の面積が約940平方mで、ほかに教室などを備える。実習場は屋内にフォークリフト実習コースを備える。現在の実習場は10年4月に新設する吹奏楽部の練習室になる。同校では「高校の実習場では珍しい屋内型。四輪トータルアライメントテスター(車が真っ直ぐ走るための四輪のコンピュータによる診断機器)も備えており、10年4月の新学期から使用できるようにしたい」と話している。同校は1968年創立。学生数450人。