NEWS

  • 地域

第三者割当で資本金を1000万円に増資  インフォニア    新製品開発、販路拡大を視野


 ゴルフコースコンディション管理ソフトウェアの開発、販売を手掛けるインフォニア株式会社(福岡市中央区天神2丁目、中村太郎社長)は、7月1日付で600万円の第三者割り当て増資を行い、資本金を1000万円とした。
 現在開発中の新製品「アルバトロス クラウド版」の画面生成、プログラムのソースコードを入力する作業などを外部委託することで業務を効率化し、西日本エリアで同製品の販路拡大を図るもの。クラウド版の完成は10月末、発売は来年1月を予定している。中村社長は「新製品はインターネットのブラウザ上で動くシステム。これまで不可能だったオーナー会社からの管理状況直接閲覧や複数コース一括管理が可能になる」と話している。
 同社は2011年創業。13年1月設立。従業員1人。中村社長は1965年10月18日生まれの50歳。福岡大学工学部卒。