NEWS

  • 地域

竹田市にペットと宿泊できる温泉宿を計画  阿蘇熊牧場    投資額は3億5000万円


 熊本県のカドリー・ドミニオン経営・株式会社阿蘇熊牧場(阿蘇市黒川、小笠原徹朗社長)は、大分県竹田市にペットと宿泊できる温泉宿「久住 小笠原」の建設を計画している。投資額は3億5000万円。3月に着工し、8月1日にオープンする予定。
 同市久住町栢木の都野中東側の工場跡地(約4万平方m)に、木造平屋建て、建築面積約100平方mの離れの宿泊棟10棟を建設。敷地内で温泉を掘削し、全棟に内湯と露天風呂を設ける。また、既存建物を改装しフロントとレストラン、ロビー、サロンなどとする。このほかドッグランや動物専用露天風呂も整備する予定。宿泊料金は1泊2食付きで1人3万5000~4万円程度。新規雇用は15人。
 小笠原社長は「カドリー・ドミニオン隣でもペットと宿泊できる温泉宿を運営しており、宿泊客から大変好評のため2件目の建設を決めた。建設地はくじゅう三山が眺められる絶好のロケーション。阿蘇・久住観光の目玉のひとつとしてアピールしたい」と話している。