NEWS

  • 地域

積水ハウスが早良区に49戸の戸建て住宅  福岡市内開発申請状況    住宅開発6件が申請


 ふくおか経済・株式会社地域情報センターは、福岡市の開発許可が必要な市街化調整区域と1千平方m以上の造成を伴う市街地区域への開発申請状況(10年6月分)をまとめた。
 今回の調べでは、開発申請6件のうち住宅開発が3件、有料老人ホームと葬儀場、集会場が各1件だった。開発面積、開発戸数がともに最大だったのは、積水ハウス株式会社福岡マンション事業部(同市中央区天神1丁目、吉崎道夫部長)が、早良区に開発する戸建て分譲住宅で開発面積は4128平方m、開発戸数は49戸だった。続いて、株式会社日本セレモニー(山口県下関市王喜本町6丁目、神田忍社長)が西区橋本に開発する葬儀場の2691平方mだった。各地の詳細は次の通り。