NEWS

  • 地域

福岡証券取引所に上場  トータル・メディカルサービス     ジャスダックにも


 調剤薬局運営の株式会社トータル・メディカルサービス(古賀市舞の里3丁目、大野繁樹社長)は6月25日、福岡証券取引所に上場した。福証への新規上場は2年10カ月ぶり。
 県内での知名度と社会的信用を高め、優秀な人材確保につなげるのが狙い。上場初日の取引は売買が成立せずに終了した。同社は24日、ジャスダック市場にも上場しており、初日の取引は、初値が上場前の公募価格と同値の42百円、終値が3915円、出来高は11万56百株だった。
 大野社長は「ようやく社員との約束が果たせた。初値に関しては率直に低い。何とか認知度を高めて上げていきたい。上場は通過点に過ぎず、今後も気を引き締めて健全に展開していきたい」と抱負を語った。
 同社は1990年4月に設立、資本金1億3850万円、調剤薬局「さくら薬局」を北部九州中心に29店展開(福岡24店、佐賀1店、長崎2店、山口2店)。従業員数は233人、売上高62億45百万円(10年3月期)。 
 大野社長は北九州市出身、1958年5月11日生まれの52歳、西南学院大学商学部卒、趣味はゴルフ、ジョギング。