NEWS

  • 地域

福岡県内で初の転貸事業  NTT西日本アセットプランニング九州支店    久留米市のNTT旧社宅


 不動産事業を展開する株式会社NTT西日本アセットプランニング九州支店(福岡市博多区博多駅南1丁目、橋本重彰支店長)は久留米市のNTT旧社宅を改装し地場アパート運営会社に転貸する。総工費は約25百万円で改装工事は12月上旬に着工、来年2月下旬の完成を目指す。
 転貸事業は08年から九州で展開し今回が18カ所目。これまでは南部九州での物件が多く県内では初めて。場所は国道209号西側の旧NTT津福今町社宅でアパートの名称は「新オーセル津福今町」。敷地面積1558平方m、建築面積が346平方m。建物はRC造の4階建てで延べ床面積1384平方m。駐車場は25台収容。各棟に3LDKの居室16戸が入り、外壁、内装をリニューアルした「安心、安全、低家賃」をPRポイントとした賃貸アパートを提供する。同支店では「県内では初の転貸事業。今後も良い遊休地があれば活用していきたい」と話している。
 同支店は1987年開設。従業員数90人。橋本支店長は熊本市水源町出身、1949年7月21日生まれの61歳。熊本大学法学部卒。趣味は読書、散歩、スポーツ観戦。