NEWS

  • 地域

福岡東物流センター協同組合に16億円を融資  商工中金久留米支店    物流団地新設資金として


 商工中金福岡支店(福岡市中央区天神1丁目、小野木哲也支店長)は7月30日、福岡東物流センター協同組合(福岡市博多区対馬小路、西尾史郎代表理事)に物流団地新設資金として16億円を融資した。
 同組合は福岡県運輸事業協同組合連合会(同、原重則代表理事)が古賀市で進める部流団地(仮称:古賀市篠林地域物流団地)の新規造成に伴い、13年6月に連合会傘下の組合員7社で新たに組織された団体。その集団化事業による物流団地新設の資金として融資したもの。新設する物流団地は開発面積約19万5000平方m、分譲面積13万5000平方m。