NEWS

  • 地域

福岡情報センター開設  日の出運輸九州    荷物のマッチングで空車回送防ぐ


 運送事業の株式会社日の出運輸九州(粕屋郡粕屋町、石原信治社長)は8月1日、本社内に荷物や空車状況の情報を取りまとめる福岡情報センターを開設した。
 これまでは各支店、事業所で荷物や空車情報を取り扱っていたが、独立した機関にすることで、自社や他社の運送会社からの問い合わせ先を明確にし、車両と積荷のマッチングで空車回送を防ぐなど、情報収集の強化と業務効率化を図る。事務所面積は99平方mで、末永和弘センター長以下3人のスタッフが勤務する。今秋をめどに北九州情報センターも立ち上げる計画。同社は「各地に情報センターを設け、日本の物流を支えていきたい。南部九州にも進出し、認知度を高めたい」と話している。
 同社は株式会社日の出運輸のグループ会社で2011年10月創立。資本金1000万円。従業員44人。福岡情報センターは、10月1日付で新設する、物流取扱事業のフィッタジャパンロジスティカ株式会社(東京都足立区、佐藤慎司社長)が親会社となる。