NEWS

  • 地域

福岡市西区女原で7区画の戸建分譲  イオスコーポレーション    3LDKと4LDK


 戸建住宅開発、不動産仲介・販売代理を手掛ける株式会社イオスコーポレーション(福岡市中央区六本松4丁目、伊藤治社長)はこのほど、同市西区女原で7区画の戸建分譲を始める。事業主・売主は三和アセットパートナーズ株式会社(福岡市博多区博多駅南1丁目、石井和俊社長)。
 名称は「イデアコート九大学研都市2」で、場所はJR筑肥線「九大学研都市駅」南東側。敷地面積は159・4平方m~178・8平方m、延べ床面積106・8平方m~118・4平方m。建ぺい率は60%で容積率は150%。各戸2階建てで間取りは3LDKと4LDK。販売価格は未定。12月上旬の完成を予定している。同社では「交通アクセスが良く、買い物、医療施設なども充実しているエリア」と話している。
 同社は2007年10月設立。資本金1000万円。13年8月期売上高は5億5000万円。従業員10人。