NEWS

  • 地域

福岡市早良区祖原に米国ドーナツ店  大分県のシナジー    テキサス州のチェーン店、日本初出店


 貿易事業の株式会社シナジー(大分県別府市楠町、大野勇志社長)は12月22日、福岡市早良区祖原1丁目に米国ドーナツ店を出店した。
 米国南部で約100店舗展開する「サザンメイドドーナツ」(米国テキサス州)とFC契約を締結して日本で初めて出店した。アジアでは韓国に次ぎ2店舗目。場所は早良街道の城西3丁目交差点南側「テングッドシティ」1階で、店舗名は「サザンメイドドーナツ」。ドーナツミックス粉、製造機一式をアメリカから直輸入して生地作りからトッピングまですべて店内でする。店舗面積は約200平方m(内厨房は66平方m)で厨房は全面ガラス張り。座席数は50席。ドーナツは、直径11cm、六角形が特徴で常時20種類を揃えている。価格は130円~200円で主婦や学生の女性客をコアターゲットとし、来店者数1日800人を目標にしている。営業時間は午前9時~午後9時まで。スタッフ数は20人。

 今夏までに沖縄、熊本に直営店

 また、同社では今夏までに沖縄、熊本に直営店2店舗の出店を計画している。加盟店も募集しており、5年間で九州地区中心に10店舗体制を目指す。
 大野社長は「トランス脂肪酸がきわめて少ない健康にもこだわったヘルシードーナツ。日本全国に広めていきたい」と話している。大野社長は別府市出身、1959年11月15日生まれの50歳、趣味はドライブ。