NEWS

    福岡市役所前で食肉フェスタを開催 福岡食肉市場


    九州産ブランド肉の認知度向上図る

    肉牛・肉豚の集荷販売の福岡食肉市場㈱(福岡市東区東浜2丁目、吉田満社長)は11月4日に福岡市役所西側のふれあい広場「九州産ブランド 食肉フェスタ2019」を開催する。
    同社が取り扱う食肉の販売や試食の場を設けることで九州産ブランド食肉の認知度向上を図るもの。試食場では博多和牛や天草黒牛、佐賀牛など9ブランドをそろえるほか、販売ブースでは9団体が出展し同市場の精肉やおにぎり、グループ会社の福岡食肉販売㈱のもつ鍋、ホルモン焼きなどを提供する予定で9団体が出展する。また、ダンスやオーケストラのチームを招いてステージアトラクションも催す。開催時間は午前11時~午後4時まで。
    「福岡県西方沖地震以降、本社そばから福岡市役所に会場を変更後もより一層来場者も増加し、約5、6000人が来場している」と話している。
    同社は1959年7月設立。資本金は8000万円。従業員は55人。2019年3月期の売上高は228億8400万円。吉田社長は大分県日田市出身。1950年10月3日生まれの68歳。岩手大学農学部畜産科卒。趣味はゴルフ、カラオケ。

    2019年9月10日発行