NEWS

    福岡市内3区で戸建分譲 イオスコーポレーション


    計9区画

    戸建住宅開発、不動産販売代理の㈱イオスコーポレーション(福岡市早良区城西3丁目、伊藤治社長)は、同市城南区神松寺2丁目、同市早良区重留7丁目、同市東区下原4丁目で計9区画の戸建分譲を始める。
    「イデアコート神松寺」(2区画)は、「西日本シティ銀行長尾支店」北西側。敷地面積は106㎡と122㎡、木造(在来軸組工法)平形スレート葺・省令準耐火構造の2階建てで、延べ床面積は98㎡と112㎡。間取りは2LDKと3LDK。販売価格は3870万円と4330万円。4月中旬の分譲開始と同月下旬の完成を予定している。
    「イデアキューブ重留」(4区画)は、「重留西公園」北西側。敷地面積は1141㎡~166㎡、木造(在来軸組工法)ガルバリウム鋼板葺・省令準耐火構造の2階建てで、延べ床面積は106㎡~112㎡。間取りは2LDKと3LDK。インテリアショップによるコーディネート家具付き。販売価格は3090万円~3550万円。4月上旬の分譲開始、同月中旬の完成を予定している。  「同下原Ⅱ」(3区画)は、「特別養護老人ホームすこやか」西側。敷地面積は120㎡~128㎡、木造(在来軸組工法)平形スレート葺・省令準耐火構造の2階建てで、延べ床面積は107㎡~108㎡。間取りは2LDK+F。インテリアショップによるコーディネート家具付き。販売価格は未定。5月下旬の分譲開始、同月上旬の完成を予定している。
    同社は2007年10月設立。資本金3千万円。従業員23人。19年8月期売上高は21億7193万円(19年8月期)。

    2020年3月24日発行