NEWS

  • 地域

福岡市中央区白金に11階建てマンション  夢屋    完成は来年7月


 新築分譲マンション、新築戸建、中古マンション再生事業の株式会社夢屋(福岡市中央区舞鶴2丁目、後藤弘社長)は5月29日、同市中央区白金2丁目で11階建ての分譲マンションの建設を開始する。来年7月の完成を予定している。
 場所は、高宮小学校から約160m西側。名称は「アーガス・レーヴ薬院白金Gran」。敷地面積は578平方m、延べ床面積1895平方m。総戸数は20戸で、間取りは3LDK(10戸)、4LDK(同)。住宅専有面積は73平方m~86平方m、バルコニー面積は15平方m~18平方m。販売価格は未定。今年7月のモデルルーム公開と同時に販売を開始する予定。
 同物件はアーガス・レーヴシリーズの3作目。後藤社長は「キッチンのシンクにはまな板が3段置ける工夫や水栓にフットスイッチの採用、コンロを使用すると自動的に換気扇が回るシステムなど、主婦目線で便利な設備を導入した」と話している。
 2002年8月設立、資本金3000万円、従業員は6人、13年7月期の売上高は約8億円。