NEWS

  • 地域

福岡市中央区今泉2丁目に本社移転  トランスメディアGP    店舗アプリ開発を強化


 アプリケーション開発の株式会社トランスメディアGP(宇佐美佳孝社長)は6月1日、本社を福岡市中央区今泉1丁目から同2丁目に移転した。
 場所は国道31号、薬院六つ角交差点南西の今泉ビル2階。フロア面積は約140平方m。事業拡大に伴う移転。社内には、就業スペースのほか、木や緑をイメージした内装を採用。応接スペースやコーヒーサーバーを設置したカウンター式の休憩スペースも設けた。同社は6月から、飲食店など店舗に提供している顧客集客アプリケーション「店舗アプリ」の開発をさらに強化する。同アプリは予約機能やポイント貯蓄機能などを全て備えたもので、すでに約3000店舗で導入されている。2020年には契約数3万店舗を目指している。また、移転に伴いホームページを全面リニューアルしたほか、会社のロゴマークも一新した。
 宇佐美社長は「事業拡大に向けて、心機一転で本社を移転するとともに、環境や内装を変えて社員の意識向上を図った。今後もスマートフォンをツールに成長していく店舗をサポートしていきたい」と話している。
 同社は2002年9月設立。資本金は準備金を含む約1億120万円。従業員数は16人。