NEWS

  • 地域

福岡天神駅と薬院駅に「楽天BOX」設置  西日本鉄道    全国で2番目、九州では初めての導入


 西日本鉄道株式会社(福岡市中央区天神1丁目、倉富純男社長)は8月28日、西鉄天神大牟田線の福岡天神駅と薬院駅で、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」で注文した商品を受け取れる専用宅配ロッカー「楽天BOX」のサービスを開始する。
 これは多様化する顧客のライフスタイルやニーズに応えるとともに、駅の利便性と機能性の向上を図る。楽天BOXは、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」で商品を注文する際、配達(受取)場所として、専用の宅配ロッカーでの受け取りを選択できるサービス。平日の日中に不在にしがちの社会人や学生のユーザー、夜間の宅配を避けたい女性ユーザーなどが配達時間を気にせずに商品を受け取ることができる。今年5月から大阪市営地下鉄なんば駅で試験運用が開始されており、今回は全国で2番目、九州の事業者では初めての導入。
 設置場所は福岡天神駅が北口コンコースの西側、プラットインキューブ横)、薬院駅が中央口コンコースの西側、売店横。楽天市場のブランド公式ファッション通販サイト「楽天ブランドアベニュー」で取り扱う600以上のブランド、楽天市場に出店する一部の店舗で注文した商品を、両所に設置してある「楽天BOX」で受け取れる。