NEWS

    福岡国際センターで住宅総合展示会を開催 佐藤


    9月21日22日、3500人見込み

    内装材卸業の佐藤㈱(福岡市博多区那珂4丁目、佐藤栄治社長)は9月21、22日の2日間、福岡国際センター(同区築港本町)で住宅関連商材の展示会を開催する。
    「令和元年 新時代を共創」をコンセプトに、インテリア商材を提案する企画で、キッチン・バスなどの住設、健康器具などの商材を集めた。メーカー56社が出展し住宅関連機器や設備などを展示する。同社ブースでは新柄のクロスやふすま紙など100アイテム以上そろえ特別価格で販売する。そのほか、カーテン壁装材など販売の㈱サンゲツや、床材、カーペットなど販売の東リ㈱が機材や商材の施工実演やクレーム対応法などを講習する。また、インテリア商材以外にも、健康商材、アウトドアグッズ、電化製品や宝飾の展示ブース、キッズルームを設け、業界関係者の家族連れにも対応する。2日間の来場客数は九州地区の住宅業者中心に約3500人を見込んでいる。佐藤社長は「業界の最新情報を発信してビジネス拡大、業界の活性化に繋がれば。増税前の最後のチャンスとしてあらゆる商材を提案する」と話している。

    2019年9月3日発行