NEWS

  • 地域

福岡パルコ新館に雑貨店と飲食店  東急ハンズ    複合展開は全国初


 生活雑貨店を展開する株式会社東急ハンズ(東京都、榊真二社長)は11月13日、同日開業する福岡パルコ新館に雑貨店と飲食店をオープンする。2業態が併設する複合店舗は同社初。
 同ビル5階の核テナントとして入居する。雑貨店「ハンズビー」は、同社が展開する大型雑貨店と違い、化粧品など美容雑貨を中心に扱う小規模店で、九州初出店。福岡店では20~30代の女性に向けたシーズン雑貨やギフト雑貨バラエティーなどを中心に取り扱う。店舗面積は約330平方m。飲食店「ハンズカフェ」は鹿児島に続く、九州2店舗目のカフェ業態。コーヒーやミックスジュースなどのドリンクメニューのほか、パスタやカレー、ハンバーガーなどのフードメニュー、福岡限定のオリジナル商品も取り揃える。店舗面積は約92平方m。席数は54席。2店舗の営業時間は午前10時から午後8時30分まで。同社では「3年前に博多店をオープンしたことで、県内での東急ハンズの認知度も高まっている。博多店との相乗効果を期待したい」と話している。