NEWS

  • 地域

福岡、大分両県全域でネットスーパー事業開始  イオン九州    全県配送は熊本、佐賀除く5県に


 イオン九州株式会社(福岡市博多区博多駅南2丁目、山口聡一社長)は、8月31日から福岡、大分両県全域でネットスーパー事業を開始した。
 同社では2007年4月からインターネットショッピングをスタートしており、福岡県内ではすでに北九州エリアと福岡エリアで実施しているが全県をカバーする体制になった。このほか全県エリアの対応は鹿児島、宮崎、長崎県でスタートしており、今回で九州7県中、熊本、佐賀を除く5県全域での対応となった。
 同社のネットスーパーは、インターネットで注文を受け、店頭の食品や日用品を宅配するサービス。配送はヤマト運輸の宅配サービスを使い、一部地域を除いて注文の翌日に配達する。取扱商品は約1万2000品目で「イオンネットスーパー」のウェブサイトで注文できる。注文の最低金額は700円で配送料は近隣地域が105円(5000円以上無料)、広域地域は315円(同)、代金引換手数料105円となっている。