NEWS

    社長兼西シ銀頭取に村上英之取締役が昇格 西日本FH


    週刊経済2021年3月9日発行

    7年ぶりのトップ交代、初の生え抜き頭取に

    ㈱西日本フィナンシャルホールディングス(福岡市博多区博多駅前3丁目、谷川浩道社長)とその中核子会社、㈱西日本シティ銀行(同所、谷川頭取)は2月25日、西日本FH社長兼西シ銀頭取に村上英之(むらかみ・ひでゆき)両社取締役が昇格する人事を内定した。6月下旬開催予定の定時株主総会とその後の取締役会での承認を経て正式に就任する。
    西シ銀の頭取交代は7年ぶりで、2004年10月の旧西日本銀行と旧福岡シティ銀行の合併以来、4代目にして初の生え抜き頭取の誕生となる。谷川西日本FH社長兼西シ銀頭取は、代表権のある西日本FH副会長兼西シ銀会長に就き、久保田勇夫両社代表取締役会長はFHの会長を続投する一方、西シ銀の方は会長を退き、代表権のない取締役に就く。その他の役員人事は決定次第、公表する。
    村上氏は大分県出身。1961年3月14日生まれの59歳。九州大学経済学部卒。83年4月㈱西日本相互銀行(後の西日本銀行)入行。2002年6月秘書室長、04年6月秘書部次長、04年10月西日本シティ銀行秘書部主任調査役、07年5月博多駅東支店長、08年5月人事部長兼人材開発室長、10年6月執行役員人事部長兼人材開発室長、12年5月同総合企画部長、同6月常務執行役員同部長、14年6月取締役常務執行役員を経て、18年6月同専務執行役員に昇格。昨年6月から同東京本部長兼総合企画部統括兼リスク統括部・国際部担当。西日本FHでは16年10月の設立に際して取締役執行役員に就任し、リスク管理部担当兼経営企画部副担当を務めている。