NEWS

  • 地域

社長に木綿取締役が就任  空気    江口社長は代表権のある会長に


 CMなど映像制作の空気株式会社(福岡市中央区警固1丁目、江口幹社長)の新社長に9月1日付で、創業メンバーの木綿(もめん)達史取締役が就任した。江口社長は代表権のある会長に、また、白川東一取締役が副社長にそれぞれ就いた。
 創業メンバーで役割を分担し、経営の安定化を図るとともに各自がより制作へ集中できる体制を整えた。同社では2年前からプロデューサー増員による対外発信力の強化と、若手採用による制作力の強化により、受注型の仕事に加え、発信型の仕事・オリジナルコンテンツ開発にも力を注いでいる。今回の新体制への移行は、この2軸をそれぞれさらに発展させ、相乗効果をあげていく狙いがある。
 木綿氏は石川県出身。1973年3月15日生まれの41歳。九州芸術工科大学(現、九州大学芸術工学部)中退。97年12月有限会社空気モーショングラフィックス入社、2002年4月取締役、ディレクター。就任後の委嘱業務は引き続きディレクター。趣味は水泳(アクアスロン)。
 白川氏は大阪府出身。1974年11月12日生まれの39歳。神戸芸術工科大学卒。97年12月有限会社空気モーショングラフィックス入社。2003年7月取締役、映像ディレクター。就任後の委嘱業務は引き続き映像ディレクター。趣味は娘との水泳。
木綿社長は「『オモシロイ映像を作り続ける』という信念をもとに、これまで以上にスタッフの顔が見える体制を築きたい」と話している。
 新体制は次の通り。
 ▼代表取締役会長 (社長)江口幹▼社長 (取締役)木綿達史▼代表取締役副社長 (取締役)白川東一▼副社長 永里壮一
 同社は1997年12月設立、資本金1475万円、従業員22人、決算期は6月。