NEWS

  • 地域

真空管アンプキット発売  イーケイジャパン    価格は6万3000円


 電子工作キットメーカーの株式会社イーケイジャパン(太宰府市都府楼南2丁目、柳瀬隆志社長)は1月16日、オーディオ真空管アンプ(音響機器)キットを発売した。
 強力で自然な音質をもつという出力管「6L6GC」を使ったシングルパワーアンプキットで、出力管(変成機)を手軽に交換することも可能で独自の音色が楽しめることが特徴。通常は装着された真空管の能力を十分に発揮するために、それぞれの真空管にあった電圧調整が必要となるが、同製品は自動的に調整する新機能「アクティブオートバイアス調整機能」を搭載。さらに出力管ショートプラグを差し替えるだけで、パワフルな「五極管結線」、繊細な音が特徴の「三極管結線」、両方を兼ね備えた「ウルトラリニア(UL)」結線」の3種類の接続方式ができる。付属部品をはんだごて、ドライバーなどで組み立てる商品で、製品名は「6L6GCシングル真空管アンプキットTU-8200」。サイズは幅252mm、高さ156mm、奥行き285mm。価格は6万3000円(税込み)。同社では「回路部の大半を基板に実装。配線もコネクター方式ではんだ付け初級者でも組み立てやすいキット」と話している。