NEWS

  • 地域

県営通販サイトの中国語(繁体字)版、韓国語版を開設  中小企業振興センター    アジアに販路拡大


 中小企業経営支援の財団法人福岡県中小企業振興センター(福岡市博多区吉塚本町、高木郁夫理事長)は、12月に福岡県から運営を受託している通販サイト「福岡よかもん市場」の中国語(繁体字)版、韓国語版を開設する。
 同サイトは県内企業の商品を国内で販売する県営通販サイトだが、市場が急速に拡大しているアジアへの販路拡大を狙い、9月に開設した英語版に続いて中国語(繁体字)版、韓国語版を開設する。中国版は、通販サイト運営のアリババ株式会社(中国杭州市)が運営する中国の通販サイト「アリババ」に福岡県コーナーを設ける。10年3月末までの出展料は無料、4月から年間各2万円となる。「福岡よかもん市場」は2000年に開設しており、09年8月時点で出展社数620社、月間アクセス数350万件。同サイト運営を担当する熊谷真奈美マネージャーは「安心・安全な決済物流方法をとっており、振興センターもきめ細かなサポートをしているので、是非、海外通販にチャレンジして欲しい」と話している。