NEWS

  • 地域

県からゼロエミッション推進事業者表彰を受賞  エコアス    11月26日付で


 建築物環境衛生管理、汚泥処理、環境ソリューション事業のエコアス株式会社(福岡市博多区西月隈4丁目、大澤清和社長)は11月26日、福岡県からゼロエミッション推進事業者表彰を受賞した。
 2011年4月、環境省が掲げた「優良産業廃棄物処理業者認定制度」運用に基づき、同社では昨年5月、福岡県環境部から産廃収集運搬業許可業者として、福岡市環境局から産廃処分業許可業者として同制度認定を取得。これまでの事業実績が評価され、今回の認定となった。
 ゼロエミッション推進事業者知事表彰制度は、県内でゼロエミッションを達成し、適正処理の模範となる中間処理業者を対象に2011年に同制度を創設したもの。表彰基準は(1)国の優良産廃処理業者認定制度の基準に適合し、(2)ゼロエミッションまたはそれとほぼ同等のリサイクル率を達成(3)種類別・処理方法別に料金算定式を明示(4)過去5年間、産業廃棄物関係の行政指導がなく、適正処理の模範となる事業者が条件となる。12年度までの知事表彰事業者数は15社。同社では「これまで有機性汚泥の抑制、リサイクルに努めてきたことが評価され、大変感謝している。排出事業者に当社の中間処理施設を見学していただくことで、汚泥リサイクルの重要性に対する理解を深めていただきたい」と話している。
 同社は2004年4月に設立。資本金は1000万円。