NEWS

    百億円以上は55社、トップはコスモス薬品 地域情報センター調べ


    週刊経済2021年3月9日発行

    地場小売業売上高ランク

    ふくおか経済・㈱地域情報センター(福岡市博多区博多駅東1丁目、桜木俊孝社長)は、地場小売業者の売上高を調べ、100億円以上の企業は前年と同じ55社だった。
    昨年12月に発行した「2021年版福岡の会社情報」で、地場3482社のデータから抽出したもの。トップは㈱コスモス薬品(福岡市博多区博多駅東2丁目)で、売上高は6111億3700万円(連結)だった。2位はイオン九州㈱(福岡市博多区博多駅南2丁目)の2224億6100万円で、3位は㈱ナフコ(北九州市小倉北区魚町2丁目)の2177億5300万円だった。トップから7位までの順位は前年と変わらず、4位㈱サンリブ、5位マックスバリュ九州㈱(昨年9月イオン九州㈱に吸収合併)、6位㈱ドラッグストアモリ、7位㈱ベスト電器(今年7月㈱ヤマダデンキに吸収合併予定)、8位㈱ミスターマックス・ホールディングス、9位㈱岩田屋三越、10位総合メディカル㈱の順で続いている。データは2019年4月期~20年3月期の単体売上高を基本とし、一部20年4月期以降及び連結売上高を含んでいる。売上高上位25社は表の通り。

    表はこちらから。