NEWS

  • 地域

産業用ロボットの2Dビジョンシステム  安川電機    7月25日から


 株式会社安川電機(北九州市八幡西区黒崎城石、津田純嗣会長兼社長)は7月25日から、同社の産業用ロボット「MOTOMAN」用の2Dビジョンシステム(位置補正用画像システム)を発売する。
 2Dビジョン(カメラ)と組み合わせたロボットシステムはこれまでにも自動車業界や食品業界、電気・電子業界などの部品の位置補正や検査用途で使われてきたが、専用のパソコンなどが必要で、設定操作に時間がかかるなどの問題があった。今回の新商品「MotoSight2D」は、専用機械の設置が必要なく、ロボット用のシステム内で設定が可能。また、省スペースも実現する。
 処理能力や解像度の違いで3モデルを揃える。目標販売台数は年間500台。