NEWS

  • 地域

生活必需品など2000品目を値下げ  ミスターマックス    地デジ液晶TVは2000台完売


 大手ディスカウントストア・株式会社ミスターマックス(福岡市東区松田1丁目、平野能章社長)は、年末までに日用品や冬物衣料など生活に直結する約2000品目を通常価格より10%から20%の幅で値下げする。
 すでに11月末にはオリジナルの19インチ地デジ液晶テレビを2万9800円で発売し、初回導入2000台を完売した。今回は食品や洗剤、衣料、ペット用品、家電など1200品目を値下げ、さらに年末までに冬物衣料などを追加し、合計で約2000品目を値下げする。実施店舗は全42店舗。同社では「不況下にこそ、より良いものを安く提供することがディスカウントストアの使命と感じている」と話している。