NEWS

  • 地域

理事長に渡雅代施設長が就任  若宮福祉会    意思決定の迅速化図る


 指定障害福祉サービス事業所「若宮園」、「雅」を運営する社会福祉法人若宮福祉会(宮若市乙野)の新理事長に昨年12月12日付で、渡雅代施設長が就任した。渡利明前理事長は建設会社社長職に専念する。施設長は渡雅代理事長が兼務する。
 現場での意思決定の迅速化を図る。渡理事長は、前理事長の妻で田川市出身、1953年4月生まれの55歳。田川東高等学校卒、1991年6月施設長に就任、趣味はボランティア。渡理事長は「経営方針は変えずに、これまで築いてきたことを継承していく。障害を持っている方が明るく生活できる場を整えていきたい」と話している。
若宮福祉会は1990年12月設立、91年6月、知的障害者更生施設「若宮園」開設、92年6月、心身障害者短期入所事業開始。職員数は約45人。