NEWS

  • 地域

物流の集約化などで経常益77・5%増  グリーンクロス    売上高は25・3%増の約72億円


 工事現場向け安全機材の販売、株式会社グリーンクロス(福岡市中央区小笹5丁目、久保孝二社長)の2013年5月~14年1月期連結決算は、売上高が前年同期比25・3%増の71億9900万円、経常利益が77・5%増の7億6100万円で増収増益だった。
 11月に福島県郡山市に営業所を開設。公共・民間工事の拡大基調を背景に安全機材の販売、レンタルが好調に推移し増収となった。また、西日本を起点に物流の集約化やネットワーク網の活用を広範囲に拡大させた結果大幅増益につながった。営業利益は同74・2%増の7億5200万円、四半期純利益は同97・2%増の4億5100万円。
 通期予想に変更はなく、売上高が同21・3%増の96億6600万円、経常利益が同12・1%増の7億4500万円を見込んでいる。