NEWS

  • 地域

牛乳焼酎「伊都物語」発売  糸島みるくぷらんと    1月1日、価格は2410円から


 乳製品製造販売の有限会社糸島みるくぷらんと(福岡市西区周船寺1丁目、宮崎英文社長)は、1月1日、牛乳を原料とした焼酎を発売する。
 これは、熊本県人吉市の合資会社大和一酒造(熊本県人吉市下林町、下田猛代表社員)に委託して生産するもの。商品名は他の乳製品と同一の「伊都物語」。アルコール度数25度、パッケージは4・5リットル、1・8リットル、720ミリリットルのびん入り3種類で、価格はそれぞれ1万1500円、4400円、2410円。今年2月から商品化の試みを始め、9月から仕込みに入り、12月に完成、1月1日から出荷する。最初の製造量は1トンで、「以降は売れ行きを見ながら考える」(富永豊専務)という。販売は同社直売店、糸島農協が運営する産直店「伊都菜彩」、およびインターネットでの通販。富永専務は「牛乳消費拡大への取り組みの一つ。フルーティーな香りで、ぜひ、女性に飲んでもらいたい」と話している。同社は、糸島地区の酪農家が組織して92年1月に設立、資本金は2000万円、従業員数は23人、08年12月期の売上高は2億4000万円、牛乳・ヨーグルト・アイスクリームを「伊都物語」の名称で製造、九州・沖縄・中国・四国・関西・関東・香港の百貨店・量販店で販売している。