NEWS

    熊本駅新幹線口側に4階建てオフィスビル  JR九州


    来年1月に着工、12月完成予定

    九州旅客鉄道㈱(JR九州、福岡市博多区博多駅前3丁目、青柳俊彦社長)は来年1月、熊本駅新幹線口側に4階建てオフィスビル「熊本駅西ビル(仮称)」を着工する。完成は同12月を予定。
    これは熊本駅周辺で、熊本駅ビルや熊本駅北ビルなど総合的なまちづくりを進める一環。新ビルは現在工事を進めている熊本駅第2駐車場に隣接し、熊本駅から徒歩2分と交通アクセスの良い立地。熊本駅北ビル(仮称)に次ぐオフィスビルとして計画している。敷地面積は1190㎡で、延べ床面積は3600㎡。1〜2階を商業・オフィス、3〜4階をオフィスとし、貸し付け面積は2740㎡。同社では「今後も熊本駅ビルを核としてにぎわいの拡大に取り組み、『住みたい、働きたい、訪れたい』街をつくっていきたい」と話している。
    熊本駅周辺開発では昨年3月に同駅高架下に60店舗が入居する商業施設「肥後よかモン市場」を、今年2月に白川口側(同駅北東側)にJR熊本駅第3駐車場を開業。来年3月にJR熊本駅第2駐車場、12月に熊本駅西ビルと今回の熊本駅北ビルを開業し、21年春に熊本駅ビルとJR熊本駅第1駐車場を開業する予定。

    2019123日発行