NEWS

  • 地域

熊本県宇土市の複合商業施設に出店  マックスバリュ九州    同県20店舗目


 イオングループで食品スーパー・マックスバリュを九州内に展開するマックスバリュ九州株式会社(福岡市博多区博多駅東3丁目、柴田英二社長)は11月21日、熊本県宇土市食品スーパー「マックスバリュ宇土店」を出店する。熊本県内20店目。
 株式会社九州リースサービス(福岡市博多区)が同市水町に開発している複合商業施設に出店するもので、施設全体では敷地面積6万5783平方m、商業施設面積1万2811平方m、駐車場は870台、駐輪場は280台収容でマックスバリュのほか、ドラッグストアモリ、ケーズ電気、スポーツデポ、ダイソー、かっぱ寿司、オフハウス、AOKI、眼鏡市場、丸亀製麺、アムスペースが入居する。マックスバリュの店舗は鉄骨平屋建て、店舗面積1818平方m、営業時間は24時間で年中無休。従業員は後藤錦三店長以下100人(パート・アルバイト含む)。全体では129店舗目となる。